読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

小さいスイング練習法 〜スイングレベル2〜

頭脳的ゴルフ上達法

スイングレベル1で十中八九クリーンにボールをとらえられるようになったら、スイングレベル2に進みます。スイングレベル1はキャリーが1〜5ヤードなので家の中でも出来ましたが、スイングレベル2はキャリーが5〜50ヤードになるので練習場に向かいましょう。

スイングレベル2

練習の目的
スイングレベル2の練習目的は腕をターンさせることによって、しっかりフェースローテーションさせる感覚を身につけることです。フェースローテーションが正しく出来るとインパクトエリアでのクラブヘッドの軌道が安定し、当たりが厚くなります。そうするとダフリやトップといったミスが激減し、飛んで曲がらないボールを打つことが出来るようになります。
使用するクラブ
スイングを作る練習としてはスイングレベル1と同じ8番アイアンを使用します。7番でも9番でもいいのですが、ウェッジ以外のショートアイアンを使うようにしましょう。
スタンス
足の幅2つ分を空けたスタンスで立ちます。ボールはスタンスの中央か、ボール1つ分右に置きます。
グリップ
グリップは普段通りの長さで持ちます。
振り幅
スイングプレーンを時計の時刻盤に見立てた時のグリップの位置が8時から4時くらいまでの振り幅でスイングします。するとクラブヘッドはトップで9時、フィニッシュで3時の位置となります。この範囲内であれば、もっと小さい振り幅でも問題ありません。振り幅を変えて、キャリーの打ち分け(5〜50ヤード)をするのも良い練習になります。
スイング
スイングレベル2ではレベル1と同様に脚、腰の2つの関節は使いませんが、肩の回転にプラスして手首と腕を自由に動かします(実際には体重移動が起きるので、多少は下半身が動きますがそれでも問題ありません)。そして、このストロークのポイントはとにかくしっかりフェースローテーションさせることです。

スイングの具体的な手順は以下の通りです。
  1. 第七頸椎の位置をキープしたまま、左手を右足方向に押し下げます。この時、右ひじを脇腹につけたまま左手を押し下げると、左手のコックが入ってテコの原理でクラブヘッドが上に上がります。

  2. クラブが9時の方向を向いたところがトップとなります。トップではクラブヘッドのトゥが上を向くのが正しい向きとなります。これも右ひじを支点として脇腹につけたまま、左腕を押し下げることで、フェースが自然に開きながらクラブが理想的なトップを迎えます。

  3. ダウンスイング
    ダウンスイングは力を右足前に解放するように、グリップした左手を右足の前に引き下ろします感覚としては右足に体重を残したままボールを打つイメージです。こうすることで体が開く前にインパクトを迎えることができます(左腕を左足方向に引き下ろそうとすると、体が開いて振り遅れます)。
    この時、右ひじを支点として脇腹から離さないようにクラブを下ろすことでインパクトの直前まで右前腕が上を向いた状態となり、スイングの最下点で急激にクラブフェースがターンしていきます。これがフェースローテーションを発生させるのです。

正しいフェースローテーションができると、シャフトを軸にしてクラブヘッドがクルッと返ります。このフェースの動きがボールを包み込むように捉え、当たりが厚いインパクトを生むのです。
 

関連記事