読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

小さいスイング練習法 〜スイングレベル1〜

小さいスイング練習法では3つの振り幅でスイングを覚えていきます。それぞれの振り幅のスイングで身につくのはそれぞれ違う重要エッセンスであり、練習目的が異なりますスイングレベル1〜3の練習を繰り返すことで、正しく腕を振る感覚が養えるようになっています。

スイングレベル1

練習の目的

スイングレベル1の練習目的は左腕リードの感覚と体の正面でボールをヒットする感覚を養うことです。ゴルフクラブのシャフトは元々しなることでボールを飛ばすように設計されていますが、しなり戻りのタイミングを掴めないと、振り遅れの原因となります。スイング中はクラブを握っているグリップの部分が常に体の正面(胸の前)にあることが重要なポイントですが、そうすることによって振り遅れずにボールをヒットすることが出来るのです。

使用するクラブ

小さいスイング練習法では基本的に8番アイアンを使用します。7番でも9番でもいいのですが、ウェッジ以外のショートアイアンを使うようにしましょう。

スタンス

足の幅1つ分を空けたスタンスで立ちます。ボールはスタンスの中央か、ボール1つ分右に置きます。

グリップ

はじめはグリップを最も短く握ります。慣れてきたら徐々に長く持ちます。

振り幅

スイングプレーンを時計の時刻盤に見立てた時のグリップの位置が7時から5時くらいまでの振り幅でスイングします。クラブヘッドの位置を目安とすると、トップで右足の外側に足の幅1つ分右まで、そしてフィニッシュで左足の外側に足の幅1つ分左までの振り幅になります。この範囲内であれば、もっと小さい振り幅でも問題ありません。振り幅を変えて、キャリーの打ち分け(1〜5ヤード)をするのも良い練習になります。

スイング

スイングレベル1では手首と腕、脚、腰の4つの関節を使わずに、肩の回転だけストロークします(実際には小さな振り幅でも体重移動が起きるので、多少は下半身が動きますがそれでも問題ありません)。

そして、このストロークのポイントは左腕一本でスイングすることと、クラブを体の正面にキープすることです。

左腕一本でスイングするというのは文字どおり、左腕リードでスイングをして、右腕は一切使わずに添えるだけにします。まず左腕を5時の位置まで押し込む様に肩を動かし、その後左腕を7時の位置まで引き戻すイメージです。この時、第七頸椎(首の後ろにある出っ張った骨)をなるべく動かさないようにしてスイングすると、上下左右に軸のブレないスイングになりやすくなります。

クラブを体の正面にキープする為にはスイング中、常にヘッドの位置が胸の正面をキープするようにクラブを振ります。

実際にこのスイングレベル1をやってみるとわかりますが、振り幅がかなり小さく、かえって打ちにくいかもしれません。なぜなら小さいスイングでは初心者がやりがちな勢いで誤魔化すスイングが出来ないからです。通常のスイングで勢いをつければ、多少ダフってもボールは前に飛んでくれます。練習場のマットの上なら滑ってくれるのでなおさらです。しかしこれほど小さいスイングでは勢いをつけて打とうとしても振り遅れるだけなのです。誤魔化しが効かないからこそ、振り遅れずに体の正面でインパクトする感覚を身につけることが出来るようになるのです。


スイングレベル1では首と腕、脚、腰の4つの関節を全く使わずに、肩の回転だけでストロークしますが、しっかり芯でミートさせることが出来るとパチンという音と共に心地良い打感が得られると思います。


飛距離は振り幅やスイングスピードによって異なりますが、1〜5ヤードくらいの場所にキャリーさせるのが正解です。それ以上キャリーを出そうとするとスイングを崩しやすくなります。この練習はあくまで左腕リード体の正面でボールを打つ感覚を身につけることが目的ですから、必要以上に飛ばそうなどと考えずに、5ヤード以内にキャリーさせることに集中しましょう。


この家の中でも出来ます。初心者ははじめは座布団など柔らかい敷物の上にボールを置いて打ちましょう。しかしこの方法ではダフりながらボールを打っても上手く打ててしまいますので、慣れてきたらフローリングの上に敷いたパターマットなどにボール置いて練習するといいでしょう。騒音防止の為に、ボールが落ちたり当たりそうなところには毛布など緩衝材を置いておきましょう。

スイングレベル1は振り幅も飛距離も最も短いのですが、上達する為に最も重要な練習です。家の中でも出来ますので必ず毎日コツコツとやりましょう。また、調子を崩した時にもこのスイングレベル1に戻って練習することで、調子を取り戻すことが出来ると思います。

 

続きの記事

zunoutekigolf.hateblo.jp