読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

小さいスイング練習法のアドレス

頭脳的ゴルフ上達法

わさお先生はこんなことを話していました。

「遊園地に行くと海賊船のアトラクションがあるだろう。たくさんの人を乗せた海賊船が左右に大きくグラインドするやつだ。ゴルフスイングというのはアレと同じようになるべきなんだ。」

ゴルフスイングの基本イメージと体重移動

f:id:haraberashi:20161125063941p:plain

海賊船のアトラクションを構成しているのは海賊船本体とそれを支えるアームと支柱です。お客さんを乗せた海賊船は右に左に半回転しますが、その時支柱は一切動きません。

これはゴルフスイングでも同じで、どれだけ腕が動いても両脚と背骨から構成される 軸 は動かないのが理想なのです。軸があれば、腕とクラブの振りがシャープになり、ヘッドが走るからです。

実際には腕の振りによって脚も頭も多少動いてしまいますが、それで構いません。あくまでイメージとして、軸をずらさずに腕をしっかり振る動きを意識するのです。これはこれから解説する「小さいスイング」でも同様です。

軸をずらさずに腕を振ってみると、トップで右足に、フォローで左足にそれぞれ自然と体重がかかります。具体的にはテークバックから徐々に右足に体重がかかっていき、トップで完全に右足体重になります。その後、ダウンスイングの間はずっと右足体重のままですが、インパクトで急激に左足に体重が移動します。軸さえずらさなければ、この体重移動が自然と起こるのです。体重移動というのは自然と起こるもので、意識して行うものではないのです。

このスイングが正しくできると、腕がトップからインパクトに向かう間に、右足にグーッと体重がかかるのがわかります(これは自分の体重+スイングの遠心力がかかっているのです)。そしてインパクトからフォローに向かうに連れて、その荷重が左足に平行移動するのです。そしてこの体重移動がボールにエネルギーを与えます。

 

「小さいスイング練習法」のアドレス

グリップやアドレスの仕方などの基本は一般的なゴルフスイングと同じです。それらについてはいろいろなゴルフ雑誌やレッスンDVD等で説明され尽くしているのでここでは割愛させて頂きます。この項では「小さいスイング練習法」を実践する為に絶対に必要なポイントを解説していきます。

小さいスイングでは安定した 体の軸 と 腕の振り が非常に重要です。そしてそれが上手く出来るかどうかは、アドレスの仕方で9割方決まります。逆に言えば、アドレスさえ完璧に出来ていればゴルフスイングを急速に上達させることができるでしょう。アドレスを見ればその人のゴルフの実力がわかると言われますが、それは真実です。非常に重要なポイントなので、決して軽んじることなく完璧に身につけたいところです。そしてこれから練習を続けていく中で調子が悪くなった場合には、ここで解説することがきちんとできているかどうか確認すると、調子を整えるキッカケがつかめるかもしれません。

 

1.下半身からアドレスに入る
初級者ははじめにクラブを握り締めてから、腕と肩にガチガチに力が入った状態でアドレスしがちです。しかしこれでは上半身の緊張が強まり、スムーズにクラブを振ることなどできません。ゴルフスイングは下半身はどっしり構え、上半身はできるだけリラックスすべきで、その為には下半身からアドレスに入ることが大切です。
上級者は必ず下半身からセットアップします。ボールの手前にクラブを置いて位置を決めたら、両足をグリグリと動かして、しっかり踏ん張りの効くスタンスをとります。
 
2.踏ん張りの効くスタンス
一般的に「拇指丘(親指の付け根の出っ張り)に体重が載ると良い」とされていますが、絶対にそうしなければならないというわけではありません。体のバランスは人によって異なります。上半身の重さや長さは人それぞれです。頭が重い人もいれば、胴の短い人もいますし、腕の長さも変わります。それなのにスタンス上の重心が全員必ず拇指丘になるというのはやや乱暴な考え方だと思います例えば、人によっては拇指丘に体重を載せることで前傾が深くなり過ぎてバランスを崩すこともあり得ます。そういう人はややカカト体重を意識することでバランス良く立てることもあります。要するに自分が最もバランス良く立てることが重要ですので、自分に合ったスタンスを探してみましょう。
それでも踏ん張りの効く状態がわからない人は一度思い切りジャンプして両足で着地してみて下さい。すると膝を柔らかく使って着地すると思います。その時の両足の体重のかかり具合が踏ん張りの効くスタンスです。体重が両足に均等にかかっていれば、多少体を押されても倒れたりしません。それくらいしっかり立てるスタンスが望ましいのです。
たまに踏ん張ろうとして両脚に必要以上に力を入れる人がいますが、余計な力が入るとスムーズなスイングが出来なくなるのでやめた方がいいと思います。力を入れずとも、しっかり踏ん張りの効くスタンスは作れるのです。
 
3.脚の付け根から上半身を前傾させるポスチャー
スタンスをとって膝を軽く曲げたら、上半身を前傾させます。この時、腰を曲げるのではなく必ず両脚の付け根から前傾するようにしてください。腰を曲げてしまうと猫背になって前傾姿勢が安定しなくなるからです。
 
4.両腕をダラリと垂れ下げたところでグリップ

前傾姿勢ができたら、両腕の力を完全に抜き、ダラリと垂れ下げたところでクラブをグリップしてください。そうすると自然に両脇が軽く締まる感じになり、この締まりが腕と体の一体感を生み出しますこれはゴルフスイングで最も重要なポイントの一つです(もし締まる感じがなければ、もう少しだけ前傾姿勢を深めると締まるはずです)。
また腕を脱力することによってスムーズに動くようになり、腕自体がしなるようになりますそうすることで、しっかりと腕を振ることが出来るようになり、より強い打球を打てるようになります。
最近絶好調の松山英樹プロもクラブを握る前にかなり腕を脱力させていることがわかりますので、ぜひアドレスを観察してみてください。

5.クラブヘッドが地面から浮くように左手をコックさせる

アドレスが完成したらクラブヘッドが少し浮くように左手を親指側にコックさせます。こうすることで、より腕と体の一体感を得られるようになります。初級者はたいていヘッドを地面に置いたままですが、プロや上級者は浮かせた状態でスイングに入ります。こうすることでより力強い球が打てるのです。

 

続きの記事

zunoutekigolf.hateblo.jp