読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

小さいスイング練習法とは?

頭脳的ゴルフ上達法
わさお先生は言いました。

「いいかね。ゴルフを上達したいなら、出来るだけ小さいスイングの練習をたくさん積むことだ。なぜなら、小さいスイングの練習はゴルフが上達する為に必要な 気づき基本的な動作 を身につけてくれるからだ。逆にフルショットの練習は知らず知らずのうちに力みを生んでスイングのバランスを崩す。だからやればやるほど下手になると思った方がいい。その証拠に練習場にいるアマチュアゴルファーのほとんどがドライバーやアイアンのフルショットばかり練習しているだろう?あの中で常に80台で回ってこられる奴がどれくらいいると思う?逆にシングルハンデのプレーヤーはほとんどの時間をアプローチに費やしている。これが全てを物語っているんだ。アプローチの練習ってのはグリーン回りが上手くなるのはもちろんだけど、それと同時にスイング全体の技術を向上させる効果があるだから上級者はみんなアプローチの練習に余念がないんだ。」

「小さいスイング練習法」とは?

わさお先生の「小さいスイング練習法」は8番アイアンより小さな番手で行うハーフショット以下の振り幅でスイングの基礎を作るものです。この練習を続けることによって、ゴルフが上達する為に必要な「気付き」や基本的な「動作」が身につきます。「なんだハーフショットか」と思うかもしれませんが、ハーフショットで正確にミートするのはフルショットよりもずっと難しいのです。

例えば8番アイアンでフルショットをすると通常120~140ヤードくらい飛んでしまいます(アマチュア一般男性の場合)。それを同じ8番アイアンで100ヤード以下を打つのであれば、振り幅やスイングスピードを加減して打たなければなりません。

実はこの「加減して打つ」というのがとても難しいのです。フルショットではスイングの勢いで誤魔化せてしまうことも、加減するショットは緩んでも力んでもいけないため誤魔化しがききません。体の軸をしっかりキープしながら、腕の力ではなく体の回転でボールを捉えなければ、ダフったりトップしたりします。

小さくゆっくりなスイングは正しい動きを体の筋肉に記憶させることができます。この小さいスイングでしっかりボールをミートすることができるようになると、フルショットでもバランスの良いスイングをすることができるようになるのです。

 

「小さいスイング練習法」で得られる3つの「気づき」

初心者は大抵の場合(1)体を思い切り回し、(2)大きな振り幅で、(3)早いスイングをしようとします。しかしこのような動きはあなたのスイングを壊してしまう原因になりかねません。

正しいゴルフスイングを身につけるのであれば、体の軸をキープしたまま腕をしっかり振るというゴルフスイングの基本動作が最も重要です。この基本動作がちゃんと出来るようになると、小さいスイングでもフェースローテーションが発生し、ヘッドも走ります
そして、ゴルフを上達する為に必要な3つの「気づき」を得ることができるのです。
  1. 小さい振り幅でも、ボールは意外に飛ぶ
  2. 腕をしっかり振ると、逆にミート率は高まる
  3. ゆっくり振ると、ボールはつかまる
この3つのことに体験の中で気づくかどうかが、後々あなたのスイングを作っていく上で重要となります。「小さいスイングで十分」とわかっていれば、むやみに大きなスイングをしたり、力むこともなくなり、バランスの良いスイングを目指すことができるからです。

 

続きの記事

zunoutekigolf.hateblo.jp