頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

フラットとアップライト

ドライバーからウェッジまで、ゴルフクラブには全てライ角が決まっています。そして、ライ角の通りにクラブをアドレスするとソールが水平に地面に接地し、フェースは飛球線方向に対してスクエアに向きます。このあたりはライ角の記事でお話しした通りです。

zunoutekigolf.hateblo.jp

 
自分にピッタリのライ角のクラブであればスクエアに構えられるのですが、身長や腕の長さに個人差があるので、たいていはクラブが少し寝ているか、逆に立った状態で構えることになります。
 
このようにクラブをライ角よりも寝かせる状態をフラットといい、立てる状態をアップライトと言います。
 

フラットやアップライトにすると・・・

クラブのフェースにはロフト角があるので、スクエアに構えている時にフェースは飛球線上方に向いています。しかしクラブをフラットに構えるとトゥ側が浮く形になるのでフェースは左上方を向くことになります。さらに、スイングプレーン自体もフラットになるので、つかまりも良くなります。
つまりフラットにすると打球は左方向に出やすくなります。
 
逆にクラブをアップライトに構えるとヒール側が浮く形になり、フェースは右上方を向くことになります。さらに、スイングプレーン自体もアップライトになるので、つかまりが悪くなります。
つまりアップライトにすると打球は右方向に出やすくなります。
 
 
なお、クラブがフラットやアップライトになるのはライ角の影響だけではありません。
 
例えば、つま先上がりの傾斜地であればクラブは自然にフラットになりますし、つま先下がりの傾斜地であればアップライトになります。つま先上がりだと左に出やすくなり、つま先下がりだと右に出やすくなるのはこの為です。
 
またドライバーでティショットを打つ時も同じです。ティを高めにセットすると左方向にドロー系のボールが出やすくなり、ティを低めにセットすると右方向にフェード系のボールが出やすくなります。プロはティの高さだけを変えるだけで打ち出す方向や球筋を微調整しますが、それもこの原理です。
 
この原理を利用してスライスを防止することもできます。ティを高めにして、スイングプレーンをフラットにし、ドロー系のボールを打つスイングをするのです。スライサーの場合はこれで相殺されてスライスが収まるか、スライスの度合いが弱まるはずです。
 
逆にフェードを打ちたい場合や、左が怖い場合はティの高さをやや下げることでつかまりを抑えることができます。
 
この方法の良いところはただティの高さを変えるだけなので、スイングやスイングリズムを壊す恐れがないことです。ぜひラウンド中に試してみて下さい。
 
 
関連記事