読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

ゴルフクラブの「フェースプログレッション」とアイアンのヘッド構造

頭脳的クラブ選び

f:id:haraberashi:20170309210045p:plain

フェースプログレッションとはフェース角を0°に設定した状態での、シャフトの中心線からリーディングエッジまでの水平距離のことで、簡単に言えばリーディングエッジ(歯)の出具合ということになります。㎜単位で表され、小さいものはマイナスになるものもあります。
 
フェースプログレッションが小さいクラブはグースネックと呼ばれ、大きいクラブはストレートネックと呼ばれます(極端に大きなクラブは出っ歯クラブと言われることもあります)。
 

フェースプログレッション値がプレイに与える影響

フェースプログレッションが小さいクラブ(グースネック)ヘッド全体が飛球線後方側に寄っている為、重心角度が大きくなります重心角度の記事でもお話ししましたが、重心角度が大きいとヘッドが返りやすくなりボールがつかまりやすくなりますその為、初中級者向けのアイアンはグースネックを採用しているクラブが多いのです。
 
ただ、 ヘッドが返りやすいということは裏を返せばフェースを開いてインパクトしずらいということになります。その為、自分の意思でフェースを開閉させたい上級者にはあまり好まれません。
 
フェースプログレッションが大きいクラブ(ストレートネック)ヘッド全体が飛球線前方側に寄っている為、重心角度が小さくなります。するとヘッドが返りにくくなりボールはつかまりにくくなりますその為、左のミスを嫌う傾向のある上級者向けのアイアンはストレートネックを採用しているクラブが多いのです。
 
また、ストレートネックのクラブはフェースが勝手に返ったり閉じたりしないので、自分の意思でフェースを開閉させやすく、そういう操作性を求める上級者に好まれます。
 
 

アイアンのヘッド構造とフェースプログレッション

アイアンのヘッド構造は主に、初心者向けの「ポケットキャビティ」、アベレージゴルファー向けの「キャビティバック」、「中空構造アイアン」、上級者向けの「マッスルバック」があります。
 
「ポケットキャビティ」はバックフェースがポケットのようにえぐれている構造をしています。フェース自体が薄く軽いのでヘッドを大型化することができ、スイートスポットも大きくすることができます。一方、バックフェースの外周と下部に厚みがあり、さらにそれが折り返されている為、重量がヘッドの外側にも配分されています。このことにより、重心深度が深くなることからヘッド左右慣性モーメントが大きくなりミスヒットに強くなります。また重心高さが低くなることからボールが上がりやすくなります。このような ”お助け特性” を持つことが、初心者でも扱いやすいアイアンと言われる理由です。しかしヘッドが大きく、バックフェースの外周に重りも付いているということは、重心距離が遠くヘッドが返りにくくなります。それをフォローする為にフェースプログレッションが小さめのグースネックを採用し、つかまりの良さを実現しているクラブが多いのです。
 
「キャビティバック」はバックフェースが凹んでいるような構造をしています。特性はポケットキャビティとほぼ同じですが、ポケットと言われるバックフェースの折り返しが無い分、重心深度が浅く左右慣性モーメントが小さくなります。その為、ミスヒットに対する許容が少しだけ落ちますが、逆にヘッドが返しやすく操作性が増します。ミスに対して寛容でありながら、そこそこの操作性もあるということで、初級者〜上級者、ツアープロまで幅広く使われている人気の構造です。初心者向けはソール部分が厚くアイアン型ユーティリティに近い形状をしており、ヘッドも大きめなのでフェースプログレッションが小さめのグースネックを採用しているクラブが多いです。対して上級者が使うものはソールが薄く、ヘッドも小さめなのでフェースプログレッションが大きめのストレートネックを採用しているクラブが多いです。
 
「中空構造アイアン」はその名の通り、ヘッド内部がウッドのように空洞になっている構造です。重心深度が深めなのでミスヒットもある程度許容してくれますが、重心高さが高めなのでキャビティバックほどボールが上がらず、抑えめの強い球が打てます。またそこそこの操作性もあります。キャビティバックよりも難しめで、マッスルバックよりも簡単なクラブと言えるでしょう。ヘッドも小さめのものが多い為、フェースプログレッションが大きめのストレートネックを採用しているクラブが多いです。
 
「マッスルバック」はフェースとバックフェースだけで作られた単純な構造です。鍛え上げられた筋肉質な体のようなヘッドは厚みがあり重量が増します。その為、ヘッドを大きくすることが出来ず、小ぶりなものが多いのが特徴です。小さなヘッドはミスヒットに対してシビアで難しいクラブだと言えます。重心深度が浅くヘッド左右慣性モーメントも小さくなる為、真っ直ぐ打つには適しませんが、左右に打ち分ける操作性は抜群です。重心高さが高いので、高さを抑えた強い球を打つことができます。ミスにシビアなものの球筋を打ち分けるのに適していることが、上級者やツアープロに人気の理由です。フェースは小ぶりで重心距離も短くなる為、ネック軸周り慣性モーメントが小さく、フェースの開閉がさらにしやすい構造です。その為、フェースプログレッションが大きめのストレートネックを採用しているクラブが多いです。
 
以上、ゴルフクラブの「フェースプログレッション」とアイアンのヘッド構造 でした!
 

関連記事