読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

クラブヘッドの「フェース角」がプレイに与える影響

f:id:haraberashi:20170308121038p:plain

クラブヘッドの「フェース角」がプレイに与える影響 

フェース角とはウッド系クラブに関する数値で、水平な地面にソールがピタリと着くようにクラブを置いてシャフトを地面と垂直にした時に、そのシャフトの中心線を通る面とフェースが作る角度のことです。
 
±の角度で表され、+1°なら1度のフックフェース、−1°なら1度のオープンフェース、0°ならスクエアフェースということになります。
 
フックフェースは初めからフェースが閉じているのでボールがつかまりやすく、その名の通りフックが出やすくなります。これに対してオープンフェースはボールがつかまりづらくスライス系のボールが出やすくなります。
 
この為、スライスに悩む初心者向けのドライバーはややフックフェースのものが多く、逆に上級者向けのドライバーは引っ掛け防止の為にややオープンフェースのドライバーが増えています。
 
・・・と、ここまでフェース角について説明してきましたが、実はあまり神経質になる必要はない数値だと思います。なぜならフェース角はグリップの仕方でいくらでも変わってしまうからです。フックグリップで握ればその分インパクト時のフェース角はフックフェースになりますし、ウィークグリップで握ればオープンフェースになります。もちろんそれによってロフト角も変わってしまうのですが、極端なフェース角でなければ気にする必要はないでしょう。
 
以上、クラブヘッドの「フェース角」がプレイに与える影響 でした!
 
 

関連記事