読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

クラブの特性から見たスライスの治し方 / 頭脳的スライス治療法

頭脳的ゴルフ上達法
 

 

スライスの最大の原因はクラブ特性の”無知”

私が初心者の頃、ドライバーショットの半分以上がスライスでした。せっかくたくさん練習してラウンドに行ったというのに、朝一番のティーショットがシュルシュルと音を立てて右の林に大きく曲がっていくのを見ると、ため息しか出ませんでした。

スライスが怖くてティーショットはいつも喉から心臓が出そうなくらい緊張しました。緊張するから体に余計な力が入り、ますますスライスが酷くなりました。一回のラウンドでOBを10発打ち込んだこともありました。「もうゴルフは辞めよう」と何度も思いました。

ゴルフを始めたばかりの人はほとんど全員がスライスに悩みます。これはもうゴルフ上達の通過点と言っても良いかもしれません。ただ、それを克服することができるゴルファーはほんの一部に限られます。ゴルフ練習場で他の人のドライバーショットを観察してみてください。曲がり幅の大小はあるものの、大半の人がスライスを打っています。何年もゴルフをやっているにも関わらず、スライス地獄から抜け出せない人が本当にたくさんいるのです。なぜ、そのようなことになってしまうのでしょうか?
 
私は、プレーヤーのクラブ特性に対する無知が原因だと思っています。

やみくもに練習するのではなく、ゴルフクラブに対する正しい知識をつけ、それを生かしたスイングを身につけさえすれば、スライスは確実に克服できるのです。今回はその方法を見ていきたいと思います。
 

スライスの原因

スライスが起こる原因を挙げてくださいと言われたら、実はキリがないくらいあります。グリップがウィークだとか前傾が深過ぎるなどスイング自体の問題もありますし、重心距離が長すぎるとかシャフトが硬すぎるというクラブの問題もあります。

しかしスライスの本質的な原因はサイドスピンにあります。そしてサイドスピンは大きく分けて以下の2つが原因となって起こります。
  1. 振り遅れてフェースが開いて当たる
  2. スイング軌道がアウトサイドイン
なぜ初心者がスライスになりやすいのかというと、ボールを打とうという意識が強すぎて、腕で打ちにいくからです。本来スイングは腕の力ではなく上半身の回転によってなされるべきなのですが、ボールを打つ意識が強すぎると人間は最も使いやすい腕を使ってしまいます

そして腕に力が入ると、クラブヘッドよりも腕が先行して振り遅れたり、スイング軌道がアウトサイドインになったりするのです。
 

スライス克服法1. ドライバーを変える

本気でスライスを治すなら、まずドライバーを見直してみる

先ほども申し上げた通り、スライスを根本から治すとすればグリップやアドレスなどの基礎からスイングを全て見直さなければなりません。しかしそれらを全て改善していくのは一朝一夕でできることではありません。スイングの改善・再構築はとても時間と労力のかかり、根気がいることなのです。

もし本気でスライスを治したいという人がいたら、私はまずドライバーを買い換えることを勧めます。なぜなら最適なドライバーを使うことで、スイングにも良い影響を得られるからです。そもそもスイング改造には時間がかかりますが、ドライバーを買い換えるのはすぐにでも出来るからです。

 

「どフック」が出るほど「つかまりの良いドライバー」でスイング矯正

スライスが厄介なところは、スライスを打たないように左方向に打とうとすればするほど、アウトサイドインの軌道が身についてしまい、ますますスライスが出やすいスイングになるという悪循環のスパイラルにあります。ではどうすれば、このスパイラルから抜け出せるのでしょうか?

答えは簡単で「つかまりの良いドライバー」を使って、インサイドアウトの軌道に修正するのです。それも10回打ったら10回とも「どフック」が出るくらい「つかまりの良いドライバー」です。

「どフック」が出続けると、プレーヤーはそれを嫌って、ボールを右方向に打ち出したくなります。すると自然にインサイドアウトの軌道になりやすくなるので、スライスの出にくいスイングに矯正することができるのです。

どういうドライバーが良いのか?

それでは「つかまりの良いドライバー」とはどういうドライバーかというと、以下のようなクラブだと言えます。

まず、フェースが返りやすくなることが絶対条件ですので、①重心距離が短く、②重心角度が深いものがいいでしょう。数値的には重心距離が35mm以下、重心角度は26°以上が一つの目安となります。

また、③重心深度が深めの方がヘッド左右慣性モーメントが大きくなり、ミスヒットした場合の曲がり幅を軽減することができます。重心深度は重心角度とも密接な関係があり、基本的には重心深度が深いほど重心角度が大きくなる傾向があります。つまり重心深度が深いほど、つかまりやすくなるのです。

あとは④フックフェースのものだと、よりつかまりが良くなります。+2°(2°のフック)以上を目安として下さい。

 

スライス克服の為の「つかまりの良いドライバー」とは?

①重心距離が短い : 35mm以下
②重心角度が深い : 26°以上
③重心深度が深め 
④フックフェース : +2°以上 


ただしヘッドスピードやスイングによっても変わってくるのでゴルフショップの店員さんに相談しながら決めると良いでしょう。中古を扱ってるショップで「スライスで悩んでいるのですが安くてオススメの中古クラブありますか?」と聞いたら、親切に教えてくれるはずです。


 中には極端なフックフェース(始めからフェースが閉じているフェース角の大きなもの)をしているドライバーがありますが、個人的にはあまりオススメしません。フェースの開閉は出来ればスイングの中で覚えてもらいたいからです。ただし、どうしてもスライスを打ちたくない人は初めはそのようなフックフェースを使っても良いでしょう。その場合は上達して正しいスイングが身についてくると、チーピンを連発することになると思います。これはフェースローテーションができるようになったことで、始めから閉じているフェースが閉じ過ぎてしまうことが原因です。そうやってあなたの上達にクラブが着いて来られなくなったら、そのドライバーは卒業して今度はフェースがスクエアなものや、ややオープンな上級者向けドライバーを使ってボールがつかまり過ぎないようにすると良いでしょう。

 
 

お助けクラブもアリ

最近はスライスしにくいお助けドライバーもたくさん出ています。極端なフックフェースだったりしますが、スライス防止にとても効果的です。そんなクラブを使うなんてカッコ悪いと思いますか?でも見栄でタイトリストやスリクソンなどの上級者向けクラブを使ってスライスを連発していたら、それこそみっともないと思いませんか?

ずっとお助けクラブを使えとは言いません。スライスの出ないスイングが身につくまでの一定期間だけでも使えば良いと思います。しかもそのように一時的にしか使わないと決めているのであれば、それこそ中古で構いません。数年前のモデルなら安ければ5000〜6000円で手に入ります。ゴルフに本気で取り組んでいるのに、それくらいの投資もできないようであれば、上達は見込めないと思います。

 

クラブの特性から見たスライスの治し方

スライサーのほとんどはドライバーショットのスライスに悩んでいて、アイアンのスライスに悩む人というのはあまり聞きません。なぜドライバーばかりがスライスしやすいのでしょうか?
 
アイアンはドライバーに比べてヘッドが小さく重心距離が短いので、ヘッドが返りやすくスライスはしにくいクラブであると言えます。それに対してドライバーはヘッドが大きく重心距離が長いので、ヘッドが返りにくくスライスしやすいのです。さらに近年のドライバーが400cc超えの大型ヘッドが主流となっていることから、重心距離がますます長くなっていることも要因といえます。
 
それではそんな重心距離の長いドライバーをどのように振ればいいのでしょうか?
 
その1つの方法がゆっくりしたリズムでドライバーを振るということです。力いっぱいクラブを振ろうとしてもヘッドは全く走ってくれませんが、ゆっくり振ってあげるとインパクトの直前でヘッドが走ってフェースも返ってきます。ただし、ゆっくり振れと言われても中々リズムがつかめない人もいると思います。そういう人はヘッドの位置をイメージしながら振るのが効果的です。まずアドレスの段階でヘッドの位置を確認したら、腕を使わずに上半身を捻転させてトップを迎えます。この時ヘッドは視界から消えていますが、頭の中で今どのあたりにヘッドがあるのかをイメージします。そしてダウンスイングの後、インパクトを迎える瞬間にヘッドがボールに当たるようにイメージしながら振ってみてください。人によってはこのリズムの修正だけで、スライスが激減することもあります。ポイントはクラブを腕で振るのではなく上半身の捻転で振ることと、70%くらいの速度でゆっくりとスイングすることです。
 
ヘッドを走らせる為にもう1つアドバイスするなら、グリップと両腕の力を十分に抜くことが大切です。グリップに力が入っていると手首を柔らかく使うことができず、コックも早くほどけ、ヘッドが全く走らなくなります。また腕に力が入っていると大抵の場合アウトサイドインの軌道で振っていますのでスライスの直接の原因にもなります。
 
ドライバーのスライスを治す為に最も重要なことは、ヘッドを走らせて、前でインパクトを迎えることです。正確に説明すると、頭とグリップよりもヘッドが先行し、体の中心よりも左側でボールにヒットすることです。これをする為にも大切なことが上記で説明した4つのポイントなのです。
 
<ヘッドを走らせスライスを治す4つのポイント>
  1. グリップと両腕の力を十分に抜く
  2. 腕ではなく、上半身の回転だけでクラブを振る
  3. 70%くらいの速度でゆっくり振る
  4. アドレスの時からヘッドの位置をイメージし、そのままインパクトを迎える
 

これは逆効果!間違いだらけのスライス対策

スライサーの人は右へのミスを恐れるあまり「いかに左サイドにボールを打つか?」という発想をしてしまいがちです。しかし、この発想が実はあなたのスライスをより酷いものにしてしまっているかもしれません。ここでは多くの人がやりがちな間違ったスライス対策について考えていきます。
 
<間違ったスライス対策>
  1. 初めから左を向いてアドレスする
    私の友人がいつも30度くらいスライスするので、初めから30度左を向いてアドレスしていました。30度も左を向くと完全に左の林に向かって打つような向きになってしまうのですが、彼は毎回綺麗に30度スライスして結果フェアウェイにボールを戻していたので感心しました。考え方は分かりますし、スライスとの付き合い方としてこの方法が悪いとは言い切れません。しかしこの方法ではスライスを助長してしまう可能性が高いです。アドレスで左を向くということはオープンスタンスで構えるのと同じことです。オープンスタンスになるとスイング軌道は自然とアウトサイドインになります。つまりボールにスライス回転をかけて打つことになります。もしスライスを治すのであれば、逆にやや右を向いて打つのが効果的です。アドレスで右を向くということはクローズドスタンスで構えるのと同じことです。クローズドスタンスになるとスイング軌道は自然とインサイドアウトになり、ボールにドロー回転をかけることになるのです。スライサーの人がクローズドスタンスにしたからといって、いきなりドローボールは出ないと思いますが、スライスの度合いは小さくなるかもしれません。

  2. 極端にボールを左に置く
    スイング軌道は体を中心とした円運動と考えられるので、上から見れば誰もが体を中心としたインサイドインのスイングをしていることになります。ということはボールを極端に左側に置けばフェースが閉じた状態でインパクトを迎えるからスライスを抑えられるだろう、そう考える人も多いでしょう。しかし、実際はそうとは限りません。確かにボールが通常よりも大幅に左側にあればフェースローテーションの終盤でインパクトを迎えるのでフェースが閉じて当たる可能性は高くなります。しかしそれは同時に、ボールから見た時にアウトサイドインの軌道でインパクトする可能性が高くなるのです。多少フェースが閉じていたとしても、アウトサイドインの軌道でボールを擦るようにヒットすると、強烈なサイドスピンがかかりスライスが発生してしまうのです。

  3. 左に引っ張ろうとする
    スライスを嫌って左方向に引っ張るように打つ人がいますが、これも逆効果になることが多いです。きちんとボールの右手前からフェースで覆っていくようにローテーションさせながら左に引っ張れば良いのですが、単純に左方向に打ち出そうとするとアウトサイドインの軌道になりやすくボールを擦ってしまう可能性が高くなります。また、アウトサイドインの軌道でフェースがたまたま閉じて当たると、チーピン(強烈なフック・ドロー回転)が出ます。スライサーがチーピンを出すと少しうまくなったような気分になるかもしれませんが、スライスとチーピンは同じアウトサイドインの軌道でフェースが開いているか閉じているかの違いだけなので、ほんの紙一重の現象なのです。