読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

ギア効果 / ボールにスピンがかかるメカニズム

 

 

ヘッドの重心が球筋に影響を与える大きな要因の一つがスピンです。

サイドスピンもバックスピンも全てオフセンターヒット(ヘッド重心から外れたところでボールをヒット)した時の「ギア効果」によって引き起こされます。逆に重心に近いスイートスポットでボールをヒットするとスピン量は少なくなります(どんなに重心の真ん中でヒットしたとしてもヘッドの軌道による影響で現実的に0になることはありません)。

今回はヘッド重心が引き起こすスピンのメカニズム「ギア効果」についてのお話です。
 

サイドスピンのメカニズム(横方向のギア効果)

クラブヘッドの重心よりもヒール側でボールをヒットするとスライス回転がかかり、トゥ側でヒットするとフック回転がかかります。

f:id:haraberashi:20161024225231p:plain

 ヒール側でボールをヒットすると、インパクトの瞬間にヘッドは重心を中心とした反時計回りにごくわずかに回転します。この時、ボールとヘッドの摩擦によってギア(歯車)のように、ボールはヘッドと逆回転、つまり時計回りに回転します(スライス回転)。

遠心力により運動エネルギーが最大化した大きく重いヘッドは動くと言っても微々たるものですが、止まっている小さく軽いボールはその時計回りの動きが高速回転になり、これがサイドスピンになります。この一連の働きを「横方向のギア効果」と言います。

逆にトゥ側でボールをヒットすると、ヘッドは時計回りに回転し、ボールは反時計回り、つまりフック回転になります。
 

 

バックスピンのメカニズムと打ち出し角度の変化
(縦方向のギア効果) 

重心よりも下でボールを打った場合

クラブヘッドの重心よりも下側でボールをヒットするとバックスピンがかかります。
 

f:id:haraberashi:20170303182850p:plain


重心よりも下側でボールをヒットすると、インパクトの瞬間にヘッドは重心を中心とした時計回りにごくわずかに回転します。この時、ボールとヘッドの摩擦によってギア(歯車)のように、ボールはヘッドと逆回転、つまり反時計回りに回転します。これが強烈なバックスピンを生み出します

さらにヘッドが時計回りに回転しているということはインパクトロフトが減少することを意味します(つまりフェースが立ちます)。従ってボールの打ち出し角度が低くなるのです。

f:id:haraberashi:20170303182903p:plain

 
 

重心よりも上でボールを打った場合

一方、重心よりも上側でボールをヒットすると、ギア効果によるトップスピンと相殺されてバックスピンがあまりかかりません。「トップスピンになるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、さすがにトップスピンにはならず、ただバックスピン量が少なくなるだけです。

f:id:haraberashi:20170303182739p:plain


この場合もヘッドが半時計回りに回転しているということはインパクトロフトが増加することを意味します(つまりフェースが寝ます)。従ってボールの打ち出し角度が高くなるのです。

f:id:haraberashi:20170303182817p:plain

 

縦方向のギア効果は重心高さに影響を受ける

これまで見てきたように縦方向のギア効果は重心高さに影響を受けます。重心の高いクラブであれば重心よりも下でボールを打つ可能性が高くなり、重心の低いクラブであれば重心よりも上でボールを打つ可能性が高くなるからです。
 

バックスピンが多い球筋の特徴

バックスピンがかかったボールは空気との摩擦によって揚力を得て、どんどん上昇していきます。グリーンに止める為のアイアンショットであれば、高さとバックスピンでピタリと止まる良い球筋となりますし、ヘッドスピードの速くない女性や年配の方など元々バックスピン量の少ない人は高重心のドライバーを使うことでバックスピン量を補い、キャリーを伸ばすことが期待できます。
 
しかし、ドライバーなど飛ばしたいクラブで適正量以上のバックスピンがかかるとキャリーもランも出なくなるので好ましくありません。ドライバーを上から打ち込んでしまうプレーヤーなど、元々バックスピン量の多い人は低重心のドライバーを使うことで余計なバックスピンを軽減し、吹け上がりを防止することができます。
 
バックスピン量の多い球は風にも押されやすくなります。アイアンだからと言って適正量以上にバックスピンがかかる高重心アイアンは風の日に苦労しますので注意が必要です。何事もほどほどが良いということになります。
 
 

バックスピンが少ない球筋の特徴

バックスピンが少ないボールは揚力も少なく、あまり上昇しません。つまり、ライナーに近い弾道になりますので、グリーンに止める為のアイアンショットには不向きです。またヘッドスピードの速くない女性や年配の方など元々バックスピン量の少ない人が低重心のドライバーを使うとバックスピン量が少なすぎてボールが途中でドロップしてしまい、キャリーが大幅に減少します。
 
しかし、元々バックスピン量が多くなりがちなヘッドスピードの速いプレーヤーは低重心のドライバーを使うことで高弾道・低スピンの球を打つことができます。すると風に押されにくい強い球筋で、キャリーもランも出るので、飛距離を大幅に伸ばすことができるでしょう。
 
以上、ギア効果 / ボールにスピンがかかるメカニズムでした!
 

関連記事