読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

クラブヘッドの「重心高さ」がプレイに与える影響

f:id:haraberashi:20170325105040p:plain

 

 クラブヘッドの「重心高さ」がプレイに与える影響 

重心高さというのはクラブヘッドをトゥ側から見た時の重心からフェースに垂直に引いた線とフェース面が交差する点(芯)からリーディングエッジまでの距離のことです。その名前の通り、重心の高さを表します。
 
重心高さは重心に関する数値の中で最も飛距離に影響を与えます。なぜなら重心高さは飛距離の3大要素である初速・打ち出し角度・バックスピン量のうちの打ち出し角度とバックスピン量に大きな影響を与えるからです。

なぜそのような影響が出るのかというと、ギア効果の記事でもお話したオフセンターヒット時の「縦のギア効果」によるものです。

 

重心が高いクラブの場合

重心が高いクラブでボールを打った場合、重心よりも低い位置でボールを打つ可能性が高まります。打点が重心より低い場合は「縦のギア効果」によってインパクトロフトは減ります(クラブが立ちます)。したがって、ボールの打ち出し角度は低くなります
そして、その副次的効果としてボールにはバックスピンが強くかかります

 

重心が低いクラブの場合

一方、重心が低いクラブでボールを打った場合、重心よりも高い位置でボールを打つ可能性が高まります。打点が重心より高い場合は「縦のギア効果」によってインパクトロフトは増えます(クラブが寝ます)。したがって、ボールの打ち出し角度は高くなります

そしてボールにはトップスピンの方向にスピンがかかる為、相殺されてバックスピン量は少なくなります。いわゆる飛び系のドライバーがこぞって取り入れている「高弾道・低スピン」というクラブがこれに当たります。

この手のドライバーは力のある男性の場合、余計なバックスピンを低減することができるので飛距離UPにとても効果的です。しかし力のない女性や年配の方が使用すると元々少ないバックスピン量が減りすぎてしまって、揚力が得られずにドロップしてしまうことがあります。バックスピン量は多すぎても少なすぎても飛距離をロスしてしまうので、ゴルフショップなどで測定してもらうといいと思います。

 
以上、クラブヘッドの「重心高さ」がプレイに与える影響 でした!
 

関連記事