頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

シャフトの「硬さ (フレックス・振動数)」がプレイに与える影響

 

 

ゴルフクラブのスペック表を見ていると「フレックス」とか「振動数」、「CF値 (センターフレックス)」などという項目があります。これらは両方ともそのシャフトの「硬さ」に関する指標です。
 

「フレックス」はメーカーによって硬さが全然違う


シャフトの硬さを示す最も一般的な表記として「フレックス」があります。フレックスは柔らかい方から順に

 L:一般女性向き
 A:力の強い女性向き
 R:一般男性向き
 S:力の強い男性向き
 X:ハードヒッター向き
 
というアルファベットで表されます。上記以外にも、SとRの間にSRがあったり、超ハードヒッター向きの XX (ダブルX) や XXX (トリプルX) なんていうのもあります。

ちなみに冒頭写真のキャロウェイ・ビッグバーサのドライバーに貼ってある F(firm)というのはアメリカで使われることがある表記ですが、一般的なS(stiff)と同じです。

硬いシャフトを使っている方が格好良いと思っている男性が割と多いのですが、実はこの表記があまり当てにならないのです。というのも、フレックスについての明確な定義が定められておらず、メーカーごとに全然違います。

各メーカーの販売ターゲットが異なる為、同じSシャフトでもゼクシオなどの純正シャフトは柔らかめで、タイトリストやスリクソンなどの純正シャフトはやや硬めになっています。

さらに、シャフト専門メーカーが作るカスタムシャフト (ツアーADやディアマナなど) はメーカーの純正シャフトよりもずっと硬めにセッティングされています。カスタムシャフトのRが純正シャフトの Sよりも硬いなんていうことは普通にあります。
 
ということで「今まで使っていたシャフトがSだから、差し変えるカスタムシャフトもSでいいか」なんて安易に決めてしまうとシャフトがハードすぎて、ものすごく振りにくいかもしれません。フレックス表記は参考程度にしてそれだけを基準にシャフトを選ぶのは止めた方が無難です。
 

硬さをほぼ正確に知るなら「振動数」

 それに対して「振動数」は(クラブ全体としての)シャフトの硬さを数値で示したものです。数値が大きいほど硬く、小さいほど柔らかいことを示します。(クラブ全体として)と言ったのはシャフトだけでなく、ヘッドも取り付けられた状態で計測されるからです。

f:id:haraberashi:20170215192859j:plain


振動数は上の写真のような専用の機械にクラブを設置して計測します。グリップ側を機械に固定した後、ヘッドを一定の力で上か下に引っ張って離し、その反動でシャフトを振動させます。すると右手のポールのようなところにあるセンサーがレーザー探知して、1分間あたりの振動数が検出されます。

硬いシャフトはしなり幅が小さく速く振動する為、振動数は大きくなります。
逆に柔らかいシャフトはしなり幅が大きくゆっくりと振動する為、振動数は小さくなるのです。

この振動数ですが、ほぼ正確に硬さを知ることができます。「ほぼ」と言うのは測定器によって若干センサーの位置が異なることがあるからです。

そもそも同じ振動数のクラブでも長さが変わると硬さは変わります。その為、正確には「振動数 ≠ 硬さ」なのですが、「振動数 ≒ 硬さ」くらいには言えるので、各メーカーも便宜的に使っているのです。

硬さがプレイに与える影響

 たまに「硬いXシャフトは飛ぶ」と思っている人がいますが、それは間違いです。シャフトは硬いほど飛ばなくなります


ただ、Xシャフトを使うくらいの人は元々スイングスピードが速いので、飛距離が出ているだけなのです。正確にミートすることが出来るのであれば、柔らかいシャフトの方がしなりの力を使ってさらに飛ばすことができます。

ではツアープロやスイングスピードの速い上級者が、飛ばないとわかっているXシャフトをなぜ使用するのでしょうか?

それは方向性が安定するからです。スイングスピードが速い人が柔らかいシャフトを使うと、必要以上にしなり幅が大きくなり、インパクトでの挙動が乱れやすくなりますXシャフトを使うのは速いスイングスピードでもしなり過ぎず、暴れず、安定して飛ばせるからなのです。
 
まとめますと、シャフトは柔らかいほど飛距離が伸びますしかし必要以上に柔らかいシャフトを使うと、スイングスピードにシャフトがついてこられずに、方向性が悪くなります。逆に硬すぎても飛ばなくなります

飛距離を取るか、方向性を取るかという様にも考えられますが、やはりシャフトは適正な硬さのものを選ぶべきです。ご自身のスイングスピードを計測したことがない人は一度ゴルフショップなどで計測してもらい、自分に合ったシャフトの硬さについてアドバイスを受けることをお勧めします。
 
 
以上、シャフトの「硬さ (フレックス・振動数)」がプレイに与える影響でした!
 
 

関連記事