読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

ゴルフクラブの「バランス」がプレイに与える影響

Balance

クラブのスペック表を見ると「バランス」という項目があります。「D4」という感じにアルファベットと数字の組み合わせになっているのですが、これは一体どういう意味を持つのでしょうか?

そもそもバランスとは?


バランス」とはクラブを構えた時や振った時に感じるヘッドの効き具合(ヘッドの重みを感じる度合い)を示す数値です。総重量が全く同じクラブでも、その重心がどこにあるかによってヘッドの効き具合が変わります。極端な例え話で考えてみましょう

例えば同じ長さで、同じ総重量300gのクラブAとBがあったとします。

クラブAはグリップが280gで、シャフトとヘッドがそれぞれ10gしかありません。それに対してクラブBはグリップとシャフトがそれぞれ10gしかありませんがヘッドが280gあります。

実際に持った時に、どちらのクラブの方がヘッドが効いているでしょうか?もちろんクラブBですね。このように同じ重量のクラブでも、その重量の配分によってヘッドの効き具合は変わるのです。


バランスの記号の意味

スペック表のバランスの項目には「C8」とか「 D3」という記号が書かれています。これはヘッドの効き具合を数値化したものです。

まずヘッドの軽い方から順番にアルファベットのA〜Eの5段階に分類され、さらにそれぞれに対して0〜9の10段階で表されています。

つまり「A1」が最もヘッドが効いていないクラブで、「E9」が最もヘッドが効いているクラブという、50段階で評価されているのです。単純に数値だけで示せばいいとも思いますが、どういう理由があるのかはわかりません。

熱心な方だと自分のクラブのバランスがどのようになっているのか急に心配になるかもしれません。しかし心配は無用です。市販のクラブはたいていの場合、既にある程度良いバランス(一般男性用ならC8〜 D4、一般女性用ならB8〜C4)になるように設計されているからです。

パターを除いた13本のクラブのバランスがなるべく近いことに越したことはありませんが、D0〜 D4のようにお持ちの全クラブが5ポイント程度の間に収まっていれば全く問題ありません。私たちアマチュアがそれ以上に神経質になる必要はないと思います。ちなみにD1とD2のように1ポイント差しかないクラブを振り比べてみても、トッププロでさえ差を感じ取れないことが多いそうです。

 

バランスがプレイに与える影響


ヘッドの効き具合が変わることによって何が変わるのかというと、それはクラブの振りやすさに大きな影響が出ます。

クラブの振りやすさに影響を及ぼす

先ほどの例で出てきたクラブAとクラブBを、実際に振ってみた時にどちらの方が振りやすいでしょうか?

もちろんクラブAですね。つまり、手元が重くて先端が軽いほどクラブは振りやすくなり、その逆は振りにくいということになります。

  • 手元が重くて先端が軽いクラブ : 振りやすい
  • 手元が軽くて先端が重いクラブ : 振りにくい


ではなるべく手元が重くて先端の軽いクラブが良いクラブということになるのかというと、そうではありません。クラブの重さの記事でも説明しましたが、度を超えて振りやすいクラブは手打ちをしやすくなるからです。


正しいスイングをする上でヘッドの重みを感じながらクラブを振ることは非常に重要です。あまりヘッドの効いていないものよりも、ある程度ヘッドが効いているクラブを使った方が正しい軌道でクラブを振り降ろしやすいと考えてください。

 

スイングリズムとバランスの関係

クラブの振りやすさはスイングリズムに大きな影響を与えます。

例えば、長さと重さが同じクラブであればバランスの軽いクラブの方がスイングリズムが早い人に向いていますヘッドがあまり効いておらず、早いリズムで振ってもしっかりとヘッドが返ってくるからです。先ほどのクラブAを振ってみたと想像すればイメージがつくかもしれません。

逆にバランスの重いクラブはスイングリズムが遅い人に向いていますヘッドの重さを感じやすくタイミングが取りやすいことと、ダウンスイングで遅れて降りてくるヘッドがタイミングよくインパクトを迎えるからです。これも先ほどのクラブBを振ってみたと想像するとイメージがつきやすいでしょう。

バランスの重い・軽いはどちらが良いというものではありませんので、自分で振ってみて振りやすい方が自分に合っているバランスだと思って良いと思います。

 

違和感のない範囲で重めのバランスが良い

逆転の発想で、クラブのバランスを調整することで自分のスイングリズムを矯正することもできます

例えばスイングリズムが早い人がバランスの重いクラブを練習し続けることで、体が徐々にそのリズムに対応するようになり、スイングリズムを遅くすることができます。スイングリズムは早いよりはある程度遅い方が良いと思いますので、バランスに迷ったら違和感のない範囲で重めのバランスを使う方が良いかもしれません。

ちなみに長さと重さが同じようなクラブを試打してみたのに、振りやすさが全然違うと感じる場合には、バランスに大きな差があるのかもしれません。

 

バランス調整は自分でやろう!

ゴルフクラブバランスは以下の方法で自分で簡単に調整することができます。

1. ヘッドに鉛を貼る

ヘッドに鉛を貼ることでヘッドの重量が増しますので、当然バランスは重くなりますだいたい2gの鉛でバランスが1ポイント重くなります(D1⇨D2など)。つまり1gあたり0.5ポイント程度の増加です。

ただし鉛を貼ることでクラブの総重量も増えてしまいますので、重量チャートとも相談しながら貼ると良いでしょう。

 

2. グリップを交換する

グリップにも当然重さがありゴルフショップなど販売しているところで確認できます。グリップが重くなるとクラブ全体の重心がヘッドよりもグリップ側に移りますので、バランスは軽くなりますグリップを1g重くするとバランスは0.2ポイントほど軽くなります。

逆にグリップが軽くなるとバランスは重くなりますグリップを1g軽くするとバランスは0.2ポイントほど重くなります。たいていの人は今装着しているグリップの重さがわからないと思いますので、ゴルフショップでグリップを切り外して、重さを測ってもらってから買い換えるといいでしょう。

 

3. シャフトの長さを変える

リシャフトはお金がかかりますのでお勧めできませんが、スリーブ付きのシャフト交換型のクラブであれば簡単にシャフトを変えることができます。同じバランスのシャフトであれば長さを変えることでバランスを変えることもできます。

クラブが長くなると一気に先端に重みを感じるようになりバランスはかなり重くなります1インチ長くすると5〜6ポイントも重くなり、逆に1インチ短くすると5〜6ポイント軽くなります。ただしシャフト自体のバランスも考慮しなければならないので、ゴルフショップに持ち込んで計測してもらいながら調整するのがいいと思います。



とはいえ、バランスに関してはそれほど神経質になる必要はありません

それよりもずっと長さと重さの重量チャートの方が大切です。バランスにばかり目を取られ、重量チャートを崩すことのないように気をつけましょう。

 

以上、ゴルフクラブの「バランス」がプレイに与える影響 でした!

 

関連記事